藪原検校

なんとも寒い1日でした。


冬が戻ってきたようで、今日の外出で肩凝りした気がします。





さてさて、Friday night は観劇してきました♪
e0300027_035392.jpg

2012年にも観て、野村萬斎さんのセリフ回しに感心の域を超え、内容にも衝撃を受けたお芝居です。


今回も野村萬斎さん☆
他のキャスト勢は変わってしまったけど、みなさん上手かった〜。



検校(けんぎょう)とは、中世・近世の盲官(盲人の役職)の最高位の名称。



【盲目で生まれた杉の市(萬斎役)は、盗みや脅しは当たり前、ついに人を殺めてします。殺し殺してまた殺し、その手を地に濡れさせ、悪の限りを尽くしながら、己の身と金の力を頼りに、江戸の盲人の最高位である検校にまで登りつめる】
というお話



これまた濃ゆいです。内容が。


だから見応えもあります。




なんてったって
作:井上ひさし
演出:栗山民夫


この2人の名前がある舞台はつい、観たくなってしまいます。


井上ひさしさんの戯曲は深みがあって、
栗山さんは静かに場を引き立たせる演出が好きです。





こうして、chaca'zは少し制作活動を休憩していますが、その間感性を養っています♪




趣味の観劇、映画鑑賞、ヨガなどなど、ここ2年ちょっとchaca'zの制作や出展に没頭して、忘れていたくらいです。




なので作品を楽しみにしている方にはなかなか新作がお見せできませんけど、
ワタシの興味あることに、ほんの少しでも楽しんでいただけたらと思います。





でも、オーダーなどがあれば、お気軽に聞いてくださいね (๑´ڡ`๑)











[PR]
Commented by MAKKO at 2015-03-08 14:02 x
お元気そうですね。
行きたかったんですよ〜
藪原検校、羨ましいです。
野村萬斎も井上ひさしも良いですね^_^
羨ましいので、ついついコメント
してしまいました(≧∇≦)
ではでは〜
Commented by chacaz at 2015-03-08 20:08
MAKKOさんもお芝居好きなんですね。
色々気があって嬉しいです♪
20日まで上演だから、もし観れるたらお話ししましょう!
by chacaz | 2015-03-08 23:47 | movie・play・art | Comments(2)